薄毛の予防はできる!

将来、薄毛になったらイヤだから予防したいと思っている意識の高い方は案外多いものです。これをやったら確実に予防できるというものはなくても、世間で言われていることはちゃんと取り組んでおきましょう。当サイトでは、薄毛予防のために効果があると言われているものをまとめましたので、薄毛を予防したい方はぜひ参考にしてみてください。

薄毛予防の原因から考える対策

薄毛を予防するためには市販されている育毛剤や育毛シャンプーを検討する価値がありますが、その前に、薄毛の原因から予防の対策を考えてみましょう。

 

薄毛の原因と予防策1:食生活

 

髪の成長も栄養状態が関係しています。そのため、普段から食生活のバランスを心がけているという点に自信がない人は(男性は多いでしょうが・・・)、それが原因で薄毛を予防できない可能性があります。

 

そこで、薄毛予防の第一歩としては、食事の内容を見直すというところから始める必要があります。男性の場合、料理の上手な奥さんをもらうというのが一番簡単ですが、これは、髪が多いうちでないと難しくなりますね。

 

具体的なところですと、まず、肉類を減らすことです。特に揚げ物は油が多く含まれていますので、頭皮の皮脂の量を増やすことにつながります。一般的に肉ばかりを食べるのは栄養バランスが偏るので良くないと言われていますが、髪の健康・薄毛予防にも通じている部分があるというわけです。

 

また、野菜の摂取を増やすのも薄毛予防のためにおすすめです。これも薄毛予防に関係なく、一般的に言われていることですね。野菜をたくさん摂るようにすると、髪の健康に良いと言われているビタミンA、ビタミンC、ビタミンDなどを多く摂ることができますので、意識して野菜を食べることは薄毛の予防にも関係があると言えます。なお、わかめや昆布などの海藻も多く摂りましょう。

 

その他、アルコールもあまり摂りすぎると薄毛予防によくありません。アルコールの1日での摂取量は決まっています。肝臓が分解できる容量から逆算されるわけです。

 

薄毛の原因と予防策:紫外線の影響を受けないようにする

 

紫外線はシミや皮膚がんの原因になったりしますが、薄毛予防にもあまりいい影響を与えません。そのため、帽子をかぶれば良いと思うかもしれませんが、帽子は頭皮のムレの原因にもなり、これは薄毛予防に悪影響を与えてしまうのです。

 

そのため、紫外線の強い時期は、外出する時は帽子を活用して紫外線を防ぐのを基本としつつ、あまり野球帽のようなきついものをかぶらないようにするのが予防のために良いと言えるでしょう。

 

薄毛の原因と予防策3:タバコ

 

タバコに対する世間の風当たりは強くなっていますので、愛飲家は大変だろうと思いますが、薄毛予防のためにもタバコは良くないと言われています。

 

タバコはニコチンが含まれていますが、これが血行不良を引き起こし、髪に影響が届かなくなってしまうことが原因のようです。育毛剤に血流を改善させる成分が含まれていることがありますが、ここからもタバコの薄毛予防に対する悪影響が予想されます。

 

薄毛の原因と予防策4:睡眠不足

 

睡眠不足は意外に思うかもしれませんが、睡眠不足は薄毛予防の大敵です。毛母細胞の活動が一番、活発なのは午前0時前後なのですが、この時間にしっかり体を休めていることが大事なのです。徹夜仕事が続いたりすると体のリズムが狂いますが、それが薄毛の予防にとってマイナスの効果をもたらしますので注意しましょう。

 

薄毛の原因と予防策5:ストレス

 

ストレスは薄毛予防の大敵です。ストレスをためると血行も悪くなります。血行が悪ければ頭皮への栄養の供給状態が悪くなりますので、ストレスの多い環境にいる方は、できるだけそこから抜け出せるように努力しましょう。

 

もっとも、ストレスは好き好んで受けているわけではないでしょうが、自分なりの解消法をしっかりと見つけることは、薄毛予防以外の意味でも大事です。

 

薄毛の原因と予防策6:運動不足

 

これも当たり前の話ですが、運動不足は薄毛の予防にとってやはりマイナスです。運動不足は睡眠不足と同様に血流を悪くしますので、薄毛の予防にも悪影響があるというわけです。肥満の予防のためにも、忙しい生活の中でうまく時間を作って、ぜひしっかりと運動できるライフサイクルを作ってください。

 

薄毛の原因と予防策7:遺伝

 

「ハゲの家系」なんていう言葉もあるわけですから、薄毛と遺伝には関係があることがうかがえます。事実、薄毛の人はそうでない人に比べ、X染色体にあるアンドロゲンの受容体に違いがあるらしいことが分かっています。

 

また、5αリダクターゼという還元酵素の活性度が高いと薄毛の原因になるジヒドロテストステロンがたくさん生成されるのですが、その活性度は遺伝で決まります。

 

遺伝については予防しようがないですが、遺伝子検査をすることで、自分が将来、薄毛になる可能性が高いかどうかを判断することができます。こうしたものを利用して、どの程度、薄毛予防にエネルギーを使うべきか考えていくのが良いのではないかと思います。

薄毛予防のために育毛シャンプーと育毛剤を使う

薄毛予防のために、薄毛シャンプーや育毛剤を活用するのは第一歩です。

 

その中でも予防のため、最初に検討するのは育毛シャンプーです。

 

育毛シャンプーには、それ自体に発毛の成分は含まれていませんが、頭皮環境を改善し、薄毛予防に良い状態へと導く効果が期待できます。

 

育毛シャンプーは薄毛予防・対策専用品として開発されていますので、普通のシャンプーには含まれていない成分が含まれており、髪の成長を阻害しないように作られています。

 

例えば、普通のシャンプーにはシリコンが入っていることが多いですが、シリコンは毛穴をふさいでしまうのであまり良くありません。もちろん、育毛シャンプーではそうした点に配慮されていますので、薄毛予防を考えるなら、普通のシャンプーではなく育毛シャンプーを使うのが良いと言えます。

 

また、育毛剤は文字通り、髪を育成するための成分が含まれています。

 

特に、副作用の心配もあるミノキシジルという成分を配合した強い効果の期待できるタイプと、副作用の心配はあまりしなくて良いタイプにわけられると言えます。薄毛を予防したいという段階なら、あまり強い成分が入っていないもので予防効果は十分ではないかと思います。

 

チャップアップやイクオスなど、育毛剤はラインナップが充実していますので、多くの商品を試してみて、薄毛予防のために、自分に合うものを見つけましょう。

 

育毛シャンプーは髪が生えるものではないので、なかなかちゃんとした評価は難しいと思いますが、使わずに後で薄毛に悩むようになるくらいなら、あまり深く考えずに使い続けるのが予防のためにはいいのではないかと思います。保険だと思って、やや高いですが使ってみましょう。結果論になりますが、これで薄毛が予防できるなら安いものですよ。

関連リンク